他社 借入件数 申告

他社借入件数の申告は嘘をつくとどうなるの?

>>お金をどうしても借りたい方は、こちら<<

 

キャッシングの申し込みの際に様々な個人情報を伝えます。
名前や住所などの基本的な情報に加えて年収や勤務先、そして、勤務年数です。

 

また、自宅の種類では持ち家、借家、住宅ローンの有無や居住年数などです。

 

これらの個人情報は嘘の申告をしてはいけません。

 

そして、最後に他社借入件数という情報もあります。
これは結構重要な情報です。

 

他社借入件数やキャッシング総額などは審査の最重要事項です。
他社借入件数やキャッシング総額は、仮審査やウェブでの自動審査の場合にはあなたが入力した数字を信じて審査が行われます。

 

仮審査ではいい条件でのキャッシングができると思っていても、本審査で落ちることがあります。
それは他社借入件数などで嘘の申告をしているからです。

 

また、他社借入件数は3社までが限度となっています。
3社以上で申告をすると仮審査の段階ではねられてしまいます。

 

本審査では個人信用情報機関への照会も行われますので、
嘘の申告をしている場合には、利用限度額を下げられてしまったり、
最悪のケースでは審査落ちということも考えられます。

 

別に見栄を張る必要もないですし、消費者金融側もあなたにお金を貸しても大丈夫かどうかを判断しているだけですので、正直に申告したほうがいいでしょう。

常陽銀行 借りる




フクホー 借りる


アロー 借りる


スカイオフィス 借りる