出産 お金 もらえる

出産でお金がもらえる「出産一時金」金額は35万。申請は市区町村。出産後でももらえる。

>>お金をどうしても借りたい方は、こちら<<

 

出産するのに、お金がかかりますよね。
出産育児一時金というのをご存知ですか?

 

妊娠・出産・育児でもらえるお金なんですよ。

 

出産育児一時金の対象者は、妊娠4カ月以上経過した人です。
また、自分か旦那さんが国民健康保険や共済組合に加入している人。
また、今まで保険料を滞納していないことが前提です。

 

こうした条件を満たした場合、国から42万円もらえます。
健康保険組合や、住んでいる自治体によっては、それ以上の付加金が加算されるところもあります。
また、双子や三つ子などの「多胎児」の場合は、人数分お金がもらえるのです。

 

制度のことを知らなくて申請をしていない場合でも、
出産の翌日から2年以内でしたら、申請することが可能です。

 

出産後、この出産一時金を申請して取得しましょう。

 

手続きの仕方は、
1)市区町村の役場で「出産育児一時金支給申請書」をもらいます。
2)必要事項を申請書に記入し、健康保険証、母子健康手帳、世帯主の口座番号、印鑑を持って市区町村の役場窓口まで行きます。
3)これで、その場で現金手渡しのところもありますが、大抵の場合は、指定銀行に振り込まれます。

 

出産後も2年以内なら申請できますので、もらえるお金はもらっておきましょう。

 

ただし、出産費用というのは、一般的に平均40〜50万かかるそうです。
ですから、42万円では少し足りないですね。
さらに、出産費用だけでなくベビー用品・おむつなど、赤ちゃんの生活にかかわる費用もばかになりません。

 

また、出産後2か月くらいは、一時金がもらえないと仮定してお金の準備をしておくことが必要です。
出産前、出産直前・直後にお金が必要になった時には、別の対応が必要でしょう。

 

 

 >> 出産資金を借りるなら、こちら

常陽銀行 借りる




フクホー 借りる


アロー 借りる


スカイオフィス 借りる