キャッシュカード クレジットカード 違い

キャッシュカードとクレジットカードとの違いって、何?

>>お金をどうしても借りたい方は、こちら<<

 

キャッシュカードとクレジットカードはよく似ていますね。
同じカードでICチップや磁気テープ、そして、カードの表には番号が記載されています。

 

キャッシュカードとクレジットカードの違いは、誰でも持てるか持てないかの違いになります。

 

キャッシュカードは、ATMなどで現金を引き出すために使います。
そして、大人であっても子供であっても持つことができます。

 

次にクレジットカードは、信用でモノを買ったり、お金を借りたりできるものです。
もっと詳しくいうと現金は後払いになります。

 

大きな違いは先ほど出たように誰でも持つことができません。
基本的には安定した収入があって、お金を借りても返済する能力がある人でないと持つことができません。

 

クレジットカードには審査がりますが、キャッシュカードにはありません。

 

さらにこんな違いもあります。
キャッシュカードは口座に残高がないと現金が引き出しできませんが、
クレジットカードは今口座にお金がなくてもモノが買えたり、お金を引き出すことができます。

 

もちろん、利用限度額があってその金額がその人の信用度を表しているといっていいでしょう。
キャッシュカードとクレジットカードは利用目的が違います。特にクレジットカードは、取り扱いに注意してください。

 

 

 >> お金を借りるなら、こちら

常陽銀行 借りる




フクホー 借りる


アロー 借りる


スカイオフィス 借りる